スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[PSO2] キャラクターメイキングをちょっぴり解説

※α2テスト時の内容です





どのクエストよりも難易度の高いキャラメイク!
こだわりはじめると終わりが見えませんね。


キャラメイクに苦戦しないためにも、
3Dモデルの知識をちょっぴり覚えておきましょう。

年がら年中ゲームモデルを作っていたワケではないので、
だいぶ間違っていたりしますよ~
私はもう時代遅れのデザイナーですからねっ

つらつらーっと流し見しちゃってくださいな。


20120204_08.jpg


オンラインゲームのモデルは基本ローポリです。
さらに半身しかデータがなかったりしますので、
片方の目をおっきくしたい!とか難しいんです。

ノーマルマップやルミナンスマップを使用して
光沢や質感を再現してますね。
可能な限りデータは小さく!
それがオンラインゲームの基本となってます。

そのため、モデルは使い回しになりがちです。
テクスチャ頼りになっちゃうんです。

ローポリ故にびみょーな曲線なんかは難しいです。
そこは多少妥協してくださいなっ。


20120204_09.jpg


PSO2のキャラメイクはバウンディングボックスのような、
4頂点をいじって微調整していきます。
モーフマップといわれるものですね。
モデル自体を粘土のように変形させて、体系や顔立ちを整えていきます。


メイキングの基本は粘土をどれだけイメージできるかです。
変更したい部位の中心点を想像し、
ゆっくりと動かしていきましょう!
自分の体を触りながらメイキングするといいですよー。
どこに重心を置くか、それだけでメイキングが簡単になります。


せっかくですから、3Dモデリングはじめてみてはどうでしょう?
ついでにクリエイター目指しましょう!

ちなみに私の作ったモデル、
走らせると防具が腹に食い込むことで有名でした。
ほんと、ごめんなさい。。


:
:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。